「スターウォーズ バトルフロント」遊んでみた!管理人レビュー 色々すごいゾ

swbfレビュー

βテストが開催中のFPS/TPS「スターウォーズ バトルフロント」、管理人レビューを執筆します。


じっくり遊んでみた 管理人レビュー

公式画像より

公式画像より

はじめに

網の目のように予防線を張らせてもらうと、まずじっくり遊んだといいつつ計20戦ほどです(時間的にはじっくり気分)。

ついでにレビューに当たって、そもそもFPSは結構苦手な方で、どんなFPSでも大体キルデスレート(K/D、キルレ)は0.9くらいに集約されます。FPS偏差値は45くらい?

やりこんだと言えるFPSもHaloくらいのもので、ほかはクロスファイアなどPC系を漁ってた時期があり、CoDなどはたしか「2」をクリアした程度。まあ、ヒヨコちゃんです。

今回遊んだのはPS4版とPC(Origin)版。比較もしていきたいと思いますが、PS4版で『次のマッチでキャプチャしよう』とおもった時にOrigin版を知った(PCなのでキャプチャ面倒)ので、キャプチャ画像は無し。

あああと、肝心要な部分。なんとワタクシ、「スターウォーズ」はヒョンなことからこのあいだ古~い初回作を見ただけで、あんまりよくわかってません。ルークをずっとアナキンだと思ってました。

読むに値しない部分はあるかもしれませんが、書きたくなったので致し方なし。

世界観の再現がスゴイ

(と思う)を付け加えなければなりませんが、緻密な取材が明らかになっているように、おぼろげに知っているだけとはいえスターウォーズの世界観(主にオブジェクト類)がいい感じに再現されていると感じます。銃火器が映画に即しているかは不明ですが、帝国軍の兵士たちだけでも完全にスターウォーズです。

公式画像より

公式画像より

その前にグラフィックがとんでもない

PS4リリースからだいぶ立ちますし、前世代機を切ったことで、グラフィッククオリティがとんでもないことになっています。アラが全然ありません。ウッカリ、砲台の中身が見えちゃったときとかはまあ『ゲームだな』と感じますが、普通に動いている分には、エネルギー兵器(正式名称知らず)が飛び交うスターウォーズのリアルな世界です。

遊びやすさはどうか システムレビュー

FPSとしての、あるいはFPS初心者としての遊びやすさ。

まずFPSとしては、エネルギー兵器が主体とあって、実弾系の爽快感は薄くなってしまっています。リロードの概念が無かったり、グレネード投げ放題でなかったり、携行品がアンロック式でさらに限られていたりと、差別化が図られているように感じます。

ただこれは、「バトルフィールド」系のお約束かもしれないので、未プレイのワタクシには語れないところ。

一方で巨大兵器や戦闘機が特徴的です。これも、BFは大人数で乗り物あり戦車ありでドンパチしているようで、完全な独自要素というわけではありませんが、原作準拠のAT-ATやAT-STやTIE-ファイターなどが登場しそれに乗れるというのが素晴らしい。

ユニークキャラ

さらには、ユニークキャラとしてルークとダース・ベイダーが使えます。これは製品版でも増えそうですが、時限ながら強力な能力を持っており、まるで三國無双のようにバッサバッサとなぎ倒していけるのです。

12

スポンサーリンク


しかしこれが逆に、やられる側に回りたくないという意識もあり、どうかなあと感じます。ガワが違うだけで、あとはちょっとした能力を持っているだけでほとんど一般兵と変わらないのでは意味が無いですが、マップ上のアイコンの取り合いを制したプレイヤーが無双するだけというのも…。思い切って入れてきた要素かもしれませんし、使用時間や強さやら調整されるところでしょうけど、相手で出てきたら『うげえ』と思うし、味方が取ったら『キル取られる』と感じてしまうヒヨコちゃんなのです。

帝国軍圧倒的有利は要修正

すでに修正宣言が出ているようですし、まだゲームモードが2つしか無い体験版の段階で言及すべきではないかもしれませんが、ウォーカーアサルトにおいては圧倒的に帝国軍が有利なため、ルームに入って帝国軍なら続行→反乱同盟軍なら退出、帝国軍でプレー後に帝国軍スタートでなければ抜け……。という風に、選ばない、選びたくない状況になっているのは間違いありません。

敵味方がわかりにくい!

色やら何やらでわかりやすく分かれているならまだしも、とくに白銀ステージにおいては敵味方が分かりにくいと感じます。やや慣れましたが、もう少しなんとかなるといいかもしれませんね。あえてそういう風にしているのかもしれませんが。

また、現世代機になって特に感じることですが、どうもオブジェクトが“わかりにくい”気がします。グラフィッククオリティが上がり、ざっくりと“動くものと動かないもの”の差が無くなったのか、メリハリがなくなっています。リアルさにとってはいいことでも、ゲームという部分で、やや四苦八苦しますね。まあ、老害的発言に過ぎませんが。

PS4版とPC版比較

PS4版を遊んでからPC版を遊びましたが、やはりFPSは圧倒的にPC版が遊びやすいですね。思うように動かせます。ドッグファイトはマウス可動域のせいで逆にPS4版のほうが楽ですが……。

複数ボタンのゲーミングマウスを使い、サブウェポンのキーを割り当てると、より遊びやすいです。

グラフィックに関しては、PC版でGTX 770を使う程度ではあまり差は感じませんでした。快適に動くほうが優先でしょうね。

アンチチートや安定性という観点では遊ぶまでもなくPS4版ですが、もろもろ、スペックがあるならばPC版のほうが遊びやすいですね。

なんやかんやでビッグタイトル

『盛り上がってるぞ』となってから遊びはじめたという、一番乗りの名に恥じる乗り遅れですが、やはりビッグタイトルだと感じますね。ストーリーモードやなにやら筋を太くして味付けをちゃんとすれば、GOTY2015も間違い無し!?

細かいところが気になった、というところはあんまりなかったんですよね。Q&Aを見るなどしてある程度ルールや相場を覚えたら、初心者でも普通に楽しめます。 


公式サイト

予約中!

Star Warsバトルフロント 【初回特典】:「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱

新品価格
¥6,766から
(2015/10/12 03:22時点)

Star Wars バトルフロント [オンラインコード] 【初回特典】:「Battle of Jakku」先行アクセスコード付

新品価格
¥7,800から
(2015/10/12 03:22時点)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。