あけましておめでとうございます。+今年発売のソフト、考えうる最高のシナリオと最悪のシナリオを予想

f12636

あけましておめでとうございます。本年2016年もご愛顧願います。挨拶だけだとアレなので、ちょっと予想を。


f13395

気付いたら2016年、時が過ぎるのは早いものです。

2015年はいろいろありました。ゲームではウィッチャー3の化け物ぶり、さらにはスプラトゥーンのキッズ人気、そして個人的にはMGSVの残念っぷり。

上げればキリがないですし、年は明けたので、2016年のゲーム動向を予想してみたいと思います。

ハード面では、PS4は安定期、Wii UはNXの話題もあって、スプラトゥーンの二の矢が出るかどうかというところ。Vitaは撤退報道騒動(ファミ通のチェック体勢に問題?)がありましたが、Vitaなりの安定でしょう。3DSもタイトルによってはやはり出るという具合。ハードは予想も何もありませんね。

問題はソフトです。

何年待たせたんだという、FF15に加え、多数の有望ソフトが発売となります。

それらを、売上本数とレビュー内容、炎上してしまうとしたらどんな原因が考えられるか、好評だとしたらどんなところが推されるか。そういったところを予想してみます。

ドラゴンクエストビルダーズ

はやくもネガキャン的要素抽出に晒されていますが、ビッグブランドであることや、かなり前からプロモーション的にちょくちょく映像や情報を出している以上、やむなしといったところでしょうか。

売上予想:初週40万本

まだ細かく見ていませんが、高度制限だったり、海を渡れないなど、やはりマインクラフトと比較しての削減要素が批判されています。実際にプレイしてみて、それらが気にならなかったり、逆に要素としてプレイにいい絞り込みを与えているので高評価になるパターンが考えられますが、ドラゴンクエストとの親和性が微妙だったり、要素不足だったり、劣化マインクラフトと称されたり、そういったところが悪いシナリオとして考えられますね。

もちろん、買います。

スターオーシャン5

久々のナンバリング新作となるSO5ですが、やはり良いイメージを持ったままのファンが久々の新作でカルチャーギャップから嘆くケースが散見されますが、本作がそれに当てはまってしまうか、あるいは革新的かつ継続的なコンテンツを盛り込んで好評価を得るか。

売上予想:初週8万本

 龍が如く6

ついに現世代オンリーとなった6。ビートたけしそのもののキャプチャー画像などが話題となりましたが、セガの“名越部”が持て余さずに要素を盛り込めるかどうか。好きだからあえて厳し目の予想をしますが、やはりどうしてもハードを絞った以上は「箱庭だから」という言い訳が効きにくくなります。

毛色が違うと言えど、どうしても海外のオープンワールドと比べられてしまうところ。

濃厚なミニゲームでどこまで勝負できるか。

売上予想:初週25万本

ニューダンガンロンパV3

舞台設定を一新というのが、吉と出るか凶と出るか。これもまた大好きなシリーズではありますが、若干実は「化けの皮が剥がれてる感」を感じないわけではないので、妙な肩透かしを食らわないかと心配。自分が言うのもなんですが、ネタバレも盛り上がり、言いように解釈されないまま出足が鈍る恐れもあります。

爆発的に「今作はいいぞ!」という評価がおそらく序盤にワーッと出にくい(それだけ目の肥えた評論家気取りのファンも多い)ため、最初から難しい勝負になりそうです。

もちろん買いです。

売上予想:初週18万本

総括

実は今回さらに5タイトルくらい予想しようと思いましたが、正月の酒で頭が回らないのでこの辺りにしておきます。今年こそはさまざまなタイトルを楽しみにしたいと思います。本年もどうぞご愛顧願います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>