【連載】「テラバトル」初心者講座 #8 『スキル特性をある程度理解してスマートなプレイングを心がけよう』

1

スマホアプリ「テラバトル」の初心者講座第8弾。


豊富なスキル。でも気張らず好きな感じに遊べばOK

『敵を効率よく倒そう』『スマートなプレイングを』なんて立て続けに言いつつも、もちろん自分の好きなように遊べば大丈夫です。そこまで気張らずとも、効率の悪いプレイングでも、十分踏破できます。

しかし折角奥深いゲームですし、そうは言っても18章くらいからだいぶきつくなってくるという話ですので、ぼちぼちでいいのでスキルについて覚えておきたいところです。

花型は範囲攻撃の魔法スキル

前章ではこう説明しました。

  • 敵を直接挟んだ時に繰り出すスキル
  • 敵を直接挟んだ時でも、連鎖に加わった時でも繰り出すスキル
  • 戦闘開始時から効果が適用され続ける装備系スキル

さらに分解します。

敵を直接挟んだ時に繰り出すスキル

  • 単純攻撃スキル(メガソードなど)
  • 属性攻撃スキル(ファイアエッジなど)
  • デス系の特殊スキル

敵を直接挟んだ時に繰り出すスキルは結構多く、もう始めたプレイヤーならば、キャラの「バル」か「グレース」に『メガ○○○』があると思います。 いずれも攻撃・純攻撃スキルなので、逆を言えば、こういった敵を直接挟んだ時にだけ発動するスキルを持っているプレイヤーで、なるべく敵を挟みたいところです。

初心者講座では難しい内容ですが一応覚えておきたいのは、ファイアエッジなどの属性攻撃スキルは、攻撃力ではなくそのキャラの魔法攻撃力が適用されます。

敵を直接挟んだ時でも、連鎖に加わった時でも繰り出すスキル

種類としてはこれが一番多いでしょう。

書き出すと多くなるので、装備系スキル以外のスキルと思えばOKです。

戦闘開始時から効果が適用され続ける装備系スキル

スキル説明に、「~~~ 装備」と書かれているものと、味方復活や爆弾生成といった特殊状況下で絶対発動するものがあります。

花型はなんといっても範囲攻撃の魔法スキルでしょう。

たとえばこのスキル。

P035569

氷属性最強の『絶対零度』を、挟んだ敵と周囲1の敵に放ちます。“挟み”とありますが、自分が挟む必要はなく、連鎖に加わってもこのスキルを発動してくれます。

イメージ的にはこんな感じです。濃い青が、そのスキルを持ったキャラクターです。味方(水色)が挟んだときに連鎖(オレンジ)が発生し、スキルが発動した、という状況です。

P035573

P035574

挟んだ敵+周囲1、という考え方がわかると思います。巻き込まれた敵の更に周囲1というわけではなく、挟んだ味方の周囲1というわけでもありません。なので、2枚目ではダメージが入らない敵が発生していますが、それでもどうです、まさに一網打尽という感じでしょう。

従って、この範囲攻撃の魔法スキル、それをたくさん持っているキャラクターがいると、ストーリーの進み具合がまるで違う、というわけです。

後の章で説明しますが、プレイ開始時のリセマラが大事になってくるというわけですね。

回復スキルや補助スキルの発動範囲

テラバトルでは回復スキルが大事になってきます。6人のうち1体は、ヒーラーを連れて行ったほうがいいでしょう。

そこで覚えておきたいのが、回復スキルの影響範囲です。

P035579

幸いに回復スキルは発動率が高くていいのですが、味方全員に波及するわけではありません。先に紹介しますが、『全体』ならば味方がどこにいても波及します。

P035580 

回復量は少ないですが、これで十分なことも多いです。

・・・で、ヒール・メガなどの連鎖影響範囲。ヒーラーは濃紺で示しています。

P035581

赤で示した敵を味方(水色)が挟み攻撃&連鎖成功、しかし、ヒーラーが回復するのは、自身の連鎖元となる味方から連鎖している味方(黄色のライン)のみ。敵を挟んで反対側の味方(オレンジ)の連鎖範囲には波及しません。これがクセ者で、回復したくても敵の位置関係でいつまでも回復できない、なんてこともしばしばあります。

この波及範囲は、「身かわし伝授」といった『連鎖』の技はすべて同様です。

補助スキルはわかりやすいですが特殊です。

P035582

P035583

だいたい周囲2が多いんですが、盤面ではこんな具合。

P035586

連鎖、あるいは直接挟んで発動、そして、自身の周り(黄色で囲った部分)にのみ波及。

一部の攻撃スキルにも該当します。要するに「俺の周りの決まった範囲にしか攻撃(補助)しないぜ!」という感じ。

これとかですね。

P035584

周囲2ともなれば結構広いですが、敵を巻き込みたい時など、やはり意識的に動かすプレイングが大事になってきます。

また、周囲1ではなく「横1列」「クロス」という範囲もありますが、これも考え方は一緒。自身を中心とした文字通りの効果範囲です。

一番いいのは

これらをまとめると、敵を直接挟むのはいずれかの武器属性を持った、挟まないと発動しない攻撃スキルを持っているキャラで、範囲魔法や補助スキルを持ったキャラを随時連鎖に加えるといい、という感じですね。

--【連載】「テラバトル」初心者講座 #8 『スキル特性をある程度理解してスマートなプレイングを心がけよう』

連載一覧はこちら

「テラバトル」初心者講座

テラバトル公式サイト
ゲーム公式サイト

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>