【連載】「テラバトル」初心者講座 #7 『ゲームのカギを握る“連鎖”と“スキル”』

1

スマホアプリ「テラバトル」の初心者講座第7弾。


ゲームのカギを握る連鎖とスキル

以前の章で、盤面ではこのようにして敵を挟んで攻撃すると紹介しました。青が味方、赤が敵。

P035543_s

そうすると、赤の敵に対して、青の味方2体による攻撃が入ります。前章の3すくみの関係でダメージ数値が変わりますが。これは合体して1つのダメージ、ではなく、それぞれのキャラで攻撃判定が行われます。ゲームを良く見ていると、数字が2回出るのでわかると思います。

大事になってくるのが、連鎖です。

テラバトルでは、『挟んだキャラと遮蔽物のない直線上にいるキャラ』が連鎖で攻撃してくれるのです。

図解するとこういうことです。

P035559_s

挟んだ左側の青の味方の直線上(下の方)に、違う味方がいますね。するとこの味方も攻撃に参加してくれます。1回の攻撃で、味方3体によるダメージが入るのです。

テラバトルは最大6体のパーティーなので……

P035563

こんな感じで、最大6体によるダメージラッシュが期待できます。

ただし前述のように遮蔽物や敵がいると、連鎖してくれません。ナナメでもダメです。遮蔽物は紫。この状況だと、味方3体による3回ダメージしか入りません。連鎖は、○を付けた1体のみ。

P035566

ちなみに遮蔽物は、キャラクターを動かした際にブロックされるものです。岩や敵や敵が出した盾など。トラップや敵が出した氷など、ダメージはあるけど通過可能なものは遮蔽物とはなりません。

いかにスキルを出すかが重要

スキルの概念は完璧に理解できるまでなかなか難しいですが、実は基本的にはこの3種類しかありません。

  • 敵を直接挟んだ時に繰り出すスキル
  • 敵を直接挟んだ時でも、連鎖に加わった時でも繰り出すスキル
  • 戦闘開始時から効果が適用され続ける装備系スキル

スキルには発動確率があり、当然強いものほど低い確率となっています。

次章ではスキルの詳細と、連鎖での活用について解説。

--【連載】「テラバトル」初心者講座 #7 『ゲームのカギを握る“連鎖”と“スキル”』

連載一覧はこちら

「テラバトル」初心者講座

テラバトル公式サイト
ゲーム公式サイト

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。