【連載】「テラバトル」初心者講座 #6 『剣・弓・槍、武器3すくみ。炎・氷、雷・闇の相互弱点を理解して効率よく敵を倒す』

1

スマホアプリ「テラバトル」の初心者講座第6弾。


キャラごとの武器の3すくみを理解しよう

グーはチョキに強く、チョキはパーに強く、パーはグーに強い。じゃんけんの3すくみの考え方は、人間の歴史と切っても切れません。

テラバトルでは各キャラが武器を持っており、その武器の種類が3すくみになっています。

武器と言っても、アイテムとして武器システムが用意されているわけではなく、キャラのジョブごとにそれぞれ決まっているだけ。

変な話、じゃんけんに見立てても問題ありません。

本作では、剣→弓→槍→剣 の3すくみになっています。キャラの右上のアイコンで確認可能。

しかしなかには、武器ではなく杖を持っているキャラがおり、杖は3すくみからは独立しています。杖のキャラは基本的に攻撃力が低いことが多いです。下の画像は、左から剣・弓・槍・杖。形でわかりますね。

P035551 (1)P035554 (1)P035553 (1)P035552 (1)

挟んだ際に3すくみで強かった場合、与ダメージが増加します。挟んだ際に3すくみで弱くても与ダメージの減衰は発生しません。そこは少し特殊ですね。

属性の相互弱点も理解

テラバトルではキャラクターは何かしらの武器を持っています。前述したように、装備しているというよりはそういう種類に属している、という感じですが、他にも、『炎・氷・雷・闇』という4種類の属性も存在します。こちらはキャラクターの右下にあります。無属性のキャラもいます。下の画像は、左から炎・氷・雷・闇の順番になっています。色でわかりますね。

P035555 (1)P035552 (1)P035553 (1)P035556 (1)

これらは4すくみではなく、『炎⇔氷』『雷⇔闇』という2種類ずつの相互弱点関係になっています。

氷のキャラに対して炎属性のスキル攻撃を当てれば2倍、逆もまたしかり。通常のはさみダメージにおいてはキャラの属性は関係ありません。

相互弱点以外の属性は、攻撃してもされてもダメージは変わりません。同じ属性に攻撃することによるダメージの減衰もありませんが、敵によっては減衰するものもいます。

中には回復属性、ST回復属性というキャラもいます。これは単なる区分けですが、これらの味方だけを対象としたスキルもあります。

P035575P035576

ついでにパラメータも理解

HP、攻撃力、守備力…… ゲームに無くてはならないパラメータ。キャラの能力を数値化したもの。

本作では、はさみ攻撃と非属性スキルの発動で物理攻撃力と物理防御力の相関関係が、属性スキル発動時に魔法攻撃力と魔法防御力の相関関係が発生します。

P035558

上はキャラのHPを除くパラメータ部分。ビジュアルでわかりやすいですが、左上が物理攻撃力、左下が物理防御力、右上が魔法攻撃力、右下が魔法守備力。まあ、そこまで激しく意識することのないデータです、パラメータは。

次章ではいよいよ本作の鍵となる、盤面上での連鎖とスキルについて解説します。

※ジョブごとに決まっている武器ですが、ほとんどのキャラが同じ武器を使います。一部、ジョブごとに武器が違うキャラもいます。しかしJOB1~3ですべて武器が違うキャラは稀です。

--【連載】「テラバトル」初心者講座 #6 『剣・槍・弓、3すくみを理解して効率よく敵を倒す』

連載一覧はこちら

「テラバトル」初心者講座

テラバトル公式サイト
ゲーム公式サイト

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>