【連載】「テラバトル」初心者講座 #5 『いざ出撃、盤面上ではどう動かす?』

1

スマホアプリ「テラバトル」の初心者講座第5弾。


俗にいう「クルクル」を駆使して敵を倒そう

スマホアプリのドンといえば「パズドラ」ですね。遊んだことのない人でも、色とりどりの駒をクルクルと動かしていって3個揃える……という部分は知っているかと思います。

テラバトルではパズドラのように盤面すべてに駒があるわけではありませんし、敵の駒は当然動かすことは出来ませんが、あのパズドラのようにして駒の位置を入れ替えるシステムは同様です。

動かしている部分だけを抽出。

基本的なことを説明しますと、盤面上ではこちらと敵のターンを交互にこなしていくんですが、こちらのターンではどれか1つの駒(キャラ)を1回しか動かすことができません。基本的には4秒間までです。動かしている時に減っている左上のゲージが参考になります。

そして基本的には、上下あるいは左右で、敵の駒を味方の駒で挟んで攻撃する、という形です。

まったくの初心者ですと、何がなんだか分からないという感じかもしれませんが、『動かしている駒と重なった味方の駒の位置が入れ替わる』という具合です。場合によっては、動かしている駒を使って、上手いこと味方の駒を敵の駒の上下左右に誘導し、さらに動かしている駒で挟む、というテクニックが必要になります。その際に動かしている駒をクルクルするように見えるため、クルクルと呼ばれるのです。慣れてしまえばまったく難しいことはありません。チュートリアルでも簡単に解説されています。

敵のはさみ方

以下、はさみ方の図解。青が味方赤が敵です。

敵1体

P035543_sP035545_s

角にいる敵はこうやってはさみます。

P035546_s

これでもOK。攻撃が1ターンで2セット可能になります。

P035547_s

複数体挟むことも可能です。

P035548_s

ナナメはダメです。

P035550_s

角2体はこのように囲碁のようにしていければいいんですが、ダメです。角2体出た時は攻撃を諦めるか他の敵を狙いましょう。

P035549_s

敵はまとめて1ターンではなく1体で1ターンなのだ……

さきほどの動画やgifを見ると、敵アイコンの左上に数字がありますね。

敵のターンでは、どれか1体が代表して、プレイヤーのように動きまわってこちらを挟んでくる……というわけではなく、数字が0になった敵が1体ずつ自由に動きます。直前に1だった敵が次のフェイズで動いてくるという認識でOKです。

また敵はこちらを挟まずとも攻撃スキルなどを放つことが可能です。はさみ攻撃は逆に、滅多にして来ません。

次章ではキャラの武器と3すくみについて紹介します。

--【連載】「テラバトル」初心者講座 #5 『いざ出撃、盤面上ではどう動かす?』

連載一覧はこちら

「テラバトル」初心者講座

テラバトル公式サイト
ゲーム公式サイト

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>